LINE UP

書籍紹介
決めたのは全部、私だった

決めたのは全部、私だった

  • 川上 なな実
  • 1,650円(税込)
Netflix『全裸監督』の好演が話題に!
スカウト、親バレ、友人、元カレ、女優業、引退・・・
隠すことなく描き切った、全裸女優の自伝的小説

すべてはあの日、渋谷スクランブル交差点で「芸能人になりませんか?」とスカウトされたときから始まった――。
2022年に約10年間のAV女優としての活動に終止符をうち、同時にストリッパーも引退、今後は俳優として活動することを宣言した著者。
この小説には地方に住んでいた普通の女の子が人気AV女優まで昇りつめ、そしてまさに今から俳優として旅立っていく、そのすべてが描かれています。
一人の若い女性が七転八倒しながら、それでも光を求めて立ち上がり、けっして歩みを止めずに前進し続ける姿に、ファンはもちろん、多くの人が心を揺さぶられることでしょう。
引退を機にすべてを描いた全裸女優の自伝的小説、ここに誕生!

~本文より抜粋~
シャワーをアソコに当てると、ヒリヒリと痛みが走った。
引き裂かれるような激痛に、じっと耐える。
「引退まで、あと二二本……」
声に出してみる。
引退までは駆け抜けると、完走すると決めたから、絶対にやり抜きたい。
ファンのみんなが喜んでくれるような作品を、最後まで届け続けたい。
「がんばって私の身体……」
絞り出すように言葉にして、私は私をさすった。

著者紹介

川上 なな実(かわかみ・ななみ)

女優。
2012年1月にAVデビュー。
15年5月、浅草ロック座でストリップデビュー。
同年9月から「恵比寿マスカッツ」加入し、17年7月まで副キャップを務める。
AV、ストリッパー、アイドル活動以外にもドラマや映画に多く出演。
2019年に出演した「全裸監督」での演技が話題に。
2022年2月にAV女優、ストリッパーを引退し、俳優業に専念することを宣言した。

【出演作品】 「メイクルーム」、「下衆の愛」、「メイクルーム2」、「身体を売ったらサヨウナラ」、「獣道」、「全裸監督」、「37seconds」、「東京の恋人」、「ゾッキ」など。

書籍情報

  • 発売日 2022/01/12
  • ページ数 240ページ
  • サイズ 18.8×12.8cm
  • ISBN-13 978-4-9911581-5-5
  • 出版社 工パブリック

オンライン書店で購入する

  • amazon
  • honto
  • e-hon
  • honyaclub
  • Rakutenブックス
  • 7net
  • TSUTAYA

書店様向けPOP広告

pop